« プレゼンス・第一印象をあげるには? | トップページ | 継続の達人 »

ネガティブな気持ちの時に・・・

Photo

マンツーマンコーチングのつれづれに思うこと。

季節の変わり目のせいなのか、
急に涼しくなって秋を迎えるせいなのか、
最近、メンタル面で「落ちている」人とお話することが多いです。
夏のお疲れも溜まっておられるのでしょう。
皆さま、お体の調子はいかがですか?

ネガティブな気持ちの時に、ポジティブになれという助言は酷なことです。
リフレッシュや気晴らしをお薦めしても、
落ちている人は、人の提案を受け入れる余裕がありません。

そんな時、人は、
must やhave toでがんじがらめになっています。
want to を見失っています。
being。 なりたい姿。ありたい姿。
そんな素敵な視界は開けないのです。

それよりも何よりも…「疲弊」しています。

私はコーチとして、一生懸命その方の話に耳を傾け、
心をこめて寄り添います。
お話を聴いて、聴いて、
心の中の澱んだ想いを吐き出して頂きます。

私の仕事は、時には灰汁(アク)をも出して頂いて、受け取る仕事だと
思っています。
その灰汁を丁寧に優しく私はすくって、澄んだスープに変えていきます。

でも、灰汁を出す時、人は鎧を脱ぎ、よそいきを捨てて、
生身の人間らしさを見せてくれます。
その時、私は内心ほっとするのです。

生身を出したのちに、
人は新しい自分を手に入れていくのではないかと思うのです。


少し強烈な言葉ですが、

**********************************************
自分が変わるには、自らの愚かさをあざ笑うことだ。
そうすれば見切りをつけ、前進することができるのだ。
                
スペンサー・ジョンソン(医学博士)
**********************************************

まずは、どうぞゆっくり眠ってください。
眠れなければ、お薬の力を借りても良いではありませんか。
ぐっすり眠って、健康な思考が戻るまで、ゆっくりゆっくりいきましょう。
眠る前にホットミルクも良いですね。

少しくらい遠回りをしても、
それで明日、地球がひっくりかえるわけではないのですから。

|

« プレゼンス・第一印象をあげるには? | トップページ | 継続の達人 »

コーチング 」カテゴリの記事