« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

幸せのかたち

Photo_2

先日、中国に赴任する友人の壮行会がありました。

たくさんの友人達が集まり、「いってらっしゃい」と
エールを送りました。

高層階の、光差し込む素敵な空間は、
温かな人の善意と優しさに包まれて、
清々しい感動を呼びました。

幸せのかたちを見た想いがしました。
絆とは、こういうものなのだと思いました。

私の好きな言葉
「人生は美しい」に相等しい時間でした。

大切な人を大切に想うこと。
愛すること。愛されること。
想いやりあうこと。
一緒に居るということ。

それぞれの胸に、それぞれの想いが溢れた1日でした。
私も幸せに生きていきたいと思います。

|

継続の達人

先日、ある講演会で良い話を伺いました。

「愚直にひとつのことを続ける」。

大事を成し遂げるには、小さなことをこつこつと続けること。
かのイチロー選手も「結局は小さなことを続けるしかない」
と語っています。

まず1日。そして、3日。1週間。3週間。3ヶ月・・
そうやって愚直にひとつのことを続ける。
構造化していけば、
だんだんやらないと気持ちが悪いという状態になってきます。

そうすれば、必ず芽が出ます。
必ず誰かが見ています。
必ず誰かが認めてくれます。

現に私は、
誰にも見つけられない様な小さなことを続けていたら、
思わぬところで評価を得て、それが飛躍へとつながりました。
それは、無心の努力でした。

私が今、一番思っていることはまさにこの「こつこつ続ける」
ということです。

「やるか、やらないか、それだけの違い」。

こつこつ。こつこつ。

私の大切なコーチはいつも言います。
彼は「継続の達人」です。

「だって、自分が決めたことだから。」

|

ネガティブな気持ちの時に・・・

Photo

マンツーマンコーチングのつれづれに思うこと。

季節の変わり目のせいなのか、
急に涼しくなって秋を迎えるせいなのか、
最近、メンタル面で「落ちている」人とお話することが多いです。
夏のお疲れも溜まっておられるのでしょう。
皆さま、お体の調子はいかがですか?

ネガティブな気持ちの時に、ポジティブになれという助言は酷なことです。
リフレッシュや気晴らしをお薦めしても、
落ちている人は、人の提案を受け入れる余裕がありません。

そんな時、人は、
must やhave toでがんじがらめになっています。
want to を見失っています。
being。 なりたい姿。ありたい姿。
そんな素敵な視界は開けないのです。

それよりも何よりも…「疲弊」しています。

私はコーチとして、一生懸命その方の話に耳を傾け、
心をこめて寄り添います。
お話を聴いて、聴いて、
心の中の澱んだ想いを吐き出して頂きます。

私の仕事は、時には灰汁(アク)をも出して頂いて、受け取る仕事だと
思っています。
その灰汁を丁寧に優しく私はすくって、澄んだスープに変えていきます。

でも、灰汁を出す時、人は鎧を脱ぎ、よそいきを捨てて、
生身の人間らしさを見せてくれます。
その時、私は内心ほっとするのです。

生身を出したのちに、
人は新しい自分を手に入れていくのではないかと思うのです。


少し強烈な言葉ですが、

**********************************************
自分が変わるには、自らの愚かさをあざ笑うことだ。
そうすれば見切りをつけ、前進することができるのだ。
                
スペンサー・ジョンソン(医学博士)
**********************************************

まずは、どうぞゆっくり眠ってください。
眠れなければ、お薬の力を借りても良いではありませんか。
ぐっすり眠って、健康な思考が戻るまで、ゆっくりゆっくりいきましょう。
眠る前にホットミルクも良いですね。

少しくらい遠回りをしても、
それで明日、地球がひっくりかえるわけではないのですから。

|

プレゼンス・第一印象をあげるには?

先日、弊社のオフィスで、就職活動コーチングのお申し込み
があった早稲田大学のAくんとお会いしました。

Aくんはお会いした途端、ひとなつこく
きれいな白い歯をみせてにっこりと笑いました。
とてもさわやかな良い笑顔でした。

何か、やってくれそう!
何か、しでかしてくれそう!

そんな期待感を持たせる、やんちゃそうなその顔は、
会社のために馬力を出して頑張ってくれそうな、
そんな印象でした。

漠然とした第一印象とは、1秒程で構築され、
30秒程で確定するといわれています。

メラビアンの法則で言われるように、
第一印象の構成要素は、
視角情報・見た目が55%。
聴覚情報・話し方が38%。
言語情報・話した内容はわずか7%。

つまり、どんなに話した内容が優れていても、
人は見た目と話し方だけで9割もの印象を
決めてしまうわけです。

ですから、第一印象はとても大切です。
経営者も、医師も、就職活動の大学生も、
どんな立場・どんな職業にあっても、
社会人としてビジネスパーソンとして
第一印象は大きな影響力があります。

あなたの第一印象をフィードバックしてもらったことがありますか?
プレゼンスをあげていきましょう。

ぜひ、あなたの周りの親しい人達に、
怖がらずに自分の第一印象を尋ねてみてください。
人は言われなければ自分の姿は見えません。
そして、その言葉に素直に耳を傾けてください。

私がコーチの勉強を始めた時に学んだ大きな言葉。
それは、『フィードバックは自分から取りに行け!」です。

***************************************************
私は、的確な観察力とフィードバック力を持ったコーチです。
あなたが成功するための「プレゼンス・第一印象の向上」をお手伝いします。
(フィードバック・あなたににあう洋服の選び方・髪型・お買物同行 等)

【ご連絡】
coach.h-and-e@nifty.com
■弊社tel:03-6311-7608

■就職活動コーチング
http://my.formman.com/form/pc/5uEDW0AHKyzaDpQb/
***************************************************

|

リーダーシップに必要なこととは?

昨日参加した「変革を起こす」という勉強会で、
貴重な学びを得ました。

極論かもしれませんが、
私は、大きなものを得ようとするならば、
代わりに大きな何かを手放したり捨てたりしなければ
手に入らないと思っています。

現に私は、大きなものを捨てて、
もっともっと大きな大切なものを、この手につかみました。
もちろん捨てる辛さや生みの苦しみも痛いほど味わいましたが、
全く後悔はありません。

昨日の勉強会での一番の学びの言葉は
「壊すことができる」でした。

壊すこととは、変革を恐れないということです。

さらに講師はこう言葉をつづけました。

「壊し慣れること」。

壊し慣れるということは、
ただ漫然と安穏と現状にくすぶるのではなく、
常に新しいものを取り込み、
変革を起こし続けるということです。

リーダーシップにおいて、とても大切な要素だと思います。

勇気がわいてきました。

|

心豊かな人生を送るサポート

先日、ある記事を読んでいたら興味深い一説に出会いました。

**********************************************

3R+1Sをチェックして、低いところを改善すればいいのです。
「3R+1S」。
これは、あるキーワードの頭文字です。
3Rとは
※rest…… 休むこと。休憩。休息。
※relaxation…… 息抜き。くつろぎ。緊張を解くこと。
※recreation…… 娯楽など。

1Sとは、
※support system…… サポートシステム。
         
**********************************************

私はこの夏、いろいろな夏休み企画を実行しています。

先日は横浜で楽しい時間を満喫してきました。
中華街、北京ダック、占い、サンターメン、ミュージカル。
赤レンガ、窓に広がる海と空、汽笛の音。

遠くに旅行することはできなくても、
ゆとりのあるゆったりとした時間を過ごすことは、
心からリラックスが出来ます。

今までの自分の人生でやったことのないことを持ち寄って、
それをゆっくりゆっくり味わいながら実行する。

心豊かな人生を生きる。
それが、私のこれからの生き方です。

「人は、関係性の中でエネルギーを蓄えていきます。

どんなに1人で3Rを充実させても、
それだけでは、なかなか調子をMaxまで上げることは
できません。

不平不満を聞いてくれる相手。
困ったときに相談に乗ってくれる相手。
楽しかったことや自慢話を受け止めてくれる相手
が大勢いるといいですね。」
と、記事は結んでありました。

そんなサポートがあると、人は幸せに生きられますね。

コーチとして、クライアントの皆さまが
心豊かな人生を送るサポートが出来ればと願い、
努力していきたいと思っています。

(写真は、横浜の旅の記念に買ったローズオニールのキューピーです)

Dscn0528

|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »