« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

【就職活動コーチング】まだ、内定を頂いていなくて、毎日頑張っている4年生の皆さんへ

まだ、内定を頂いていなくて、毎日頑張っている4年生の皆さんへ

本当に、人生の無常さを感じながら、
日々いろいろな想いにくじけそうになりながら、
頑張っているリクルートスーツの皆さんを、
街のここそこで見かけるたびに、
私は「よく頑張っているね。お疲れさま」と、
声をかけたくなります。

その健気な姿に胸が熱くなります。


若い人に、働く場所と、働くチャンスと、働く喜びを与えてあげたい。
私の切なる想いです。


昨日私の大学4年生の子供が、
アルバイト先で怖い人達に絡まれて恐ろしい想いをしました。
接客業で、車に商品を持っていく時に
雨で道がぬかるんでいて、足がよろけ、足が軽く車に当たって
しまったのです。

俗にいうモンスタークレーマーです。
車に足をぶつけたことで、いろいろと言ってきたそうです。

大学生の子供にとって、
もちろんそれはとても「怖い」という想いでいっぱいになった
そうです。
私も、親としてハラハラする想いで話を聞きました。

しかし、わが子は誠実に謝り、きちんと対応して事なきを
得ていました。
本当に立派でした。

それどころか、
「怖いという気持ちよりも、世の中で、正しい生き方をしない
大人に対し、正義感でいっぱいになった」
と言いました。


以前のわが子であったなら、小さくおびえていただけかもしれません。

ですが、この厳しい就職戦線を乗り越え、
わが子の中に大きく育った「生き方」が、
今、脈々と流れているのだと思いました。

内定が出ていない大学4年生の皆さん、

今、辛い想いをしていることでしょうが、
必ずあなた達はこの毎日で大きく成長を遂げています。
何物にも変えられぬ、力強い成長です。



天才騎手の武 豊さん。

私たちのイメージでは、いつもいつも勝ち続けている印象がありますが、
あの勝利の陰には3000敗という負け試合があるのです。
負けて、負けて、負けて・・・そして1勝勝つのです。


今のあなた方の苦しみは、きっと花が咲く日がやってきます。

「きっと、自分は内定がもらえる!」
そう強く信じて、今日もしっかりと前を向いて、
志高く、まなざし高く、歩いて行ってください。

就職活動コーチングという形で皆さんの支援をしている私ですが、
損得抜きにして、本当に心からエールを送りたいと思います。

http://ameblo.jp/coach-h-and-e-syuukatu/  (就活コーチングブログ)

|

自分のspecial

今日は、お仕事の打ち合わせで恵比寿に
行ってきました。

しゃきしゃきと快活に打ち合わせが進んで、
とても気持ちの良い「場」でした。

このお仕事も、心をこめて頑張ります!
このお仕事をばっちりと終えたら、私はポケモンのように、
少し進化形になっていることでしょう(笑)。

帰り道、大学の講師である、親友のひとりと携帯メールでおしゃべり。
彼女の素晴らしい努力と向上心に、心が熱くなりました。

いつも私のちょっと先を走ってくれる彼女。
エネルギーの源泉。憧れの人です。

「自分のspecialを見出だし、only oneになることが大切」
という話になりました。

誰もが、コンプレックスは持っています。
でも、そのコンプレックスをも塗り替える力・・・
それが「自分のspecial」だと思います。

自分の人生を振り返って、
自分のspecialに目をこらす。
自分のウリを見つける。

必ず、誰もが持っています。
必ず、今までの人生の数々の経験の中に、
そのspecialは潜んでいます。

|

ビジネスコーチング部会の1日。元アフラック会長 松井秀文氏のご講演「集う」の1日。

Photo_2 4_2 20100725_2

25日(日)はビジネスコーチング部会でした。

この日は、カリスマコーチ森川里美さんの
素晴らしいプログラムで、60人近い参加者の皆さんを、
森川節で魅了してくださいました。

森川さんの豊富なご知識、軽妙でユーモアにあふれたお話しぶり。
自然体。抱腹絶倒。圧巻。最高!!
多大なリスペクトの1日でした。

そして、26日(月)は株式会社マングローブの今野誠一さまが
ご企画なさっておられる素晴らしい会
「MG-NET+ 第9回 『集う』 ~強い組織、善い組織とは?~」
に参加させて頂きました。

Photo

元アフラック社長・会長を務められ、
現・NPO法人ゴールドリボン・ネットワーク理事長の
松井秀文氏の素晴らしいご講演を聴かせて頂きました。
http://www.bc-mgnet.com/interview/detail_1423.html

松井氏の、本当にお優しく温かな笑顔とお人柄に
感激しました。
パーティーでお名刺交換の際、お話をさせて頂きましたが、
本当に素敵な方でいらっしゃいました。

「強い組織、善い組織とは?」

・不易流行
・相利共生
・高い志と強い意志
・ブレない判断
・トップが語り続けること
・語りかけることの大切さ
・「高き」を目指す

たくさんのキーワードが、私の脳みそに
がつんと入りました。

「医師が経営者になるということは難しい。
そこには、必ず、経営のサポートをする人材が必要」
というお言葉もあり、まさに私の想いそのもので、
思わずきらきらしてしまった私でした。

経営者の方々他、100人ものご参加者でのパーティーも、
大盛り上がりで、熱気むんむん。
素敵な方々と楽しく語らった1日でした。

今野誠一さま、本当に素敵な会にお誘いを頂き、
ありがとうございました。

|

J-SOL3のフォローアッププログラムに伺って。

Jsol

24日はJ-SOLのフォローアッププログラム。

青木さんはじめ、素敵な皆さんとご一緒に、
振り返りに参加させて頂きました。

学校の勉強でもなんでもそうですが、
予習も大事ですが、復習がとても大切。
そこから、どんな学びを得たのかという想いを
言葉に乗せることが大事だと、
私はいつも思っています。

和気あいあいの中から、次々といろいろな想いが
紡ぎだされました。

私はソリューションフォーカスが大好きです。
そこに集われる方の温かさと優しさも大好きです。

私は、いつも全身全霊で人の話を聴き、
入り込んで受け止めてしまう性質と体力不足なので、
すぐにぐったりとエネルギーを消費してしまうのですが、
なぜか、ソリューションの皆さんの会では全然疲れないのです。

その理由の一番は、
主催者の青木安輝さんの素敵なお人柄によるものです。
私は勝手に、青木さんは前世で私の家の隣のお兄ちゃんだった
のではないかと思っています(笑)。
失礼ですけれど、とてもなついていたいという感じです(笑)。

二番目の理由を考えてみると、
ソリューションフォーカスは至ってシンプルで自然体。
難しい理論を語っているわけではないので
背伸びをしなくていい、知ったかぶりをしなくていい、
そのまんまでいいんだよと、広く優しく認めてくれる。
受容してくれる。
そこが素晴らしいから、私は楽なんだなぁと思いました。

「脳を楽にさせる」「プレッシャーを与えない」
「ニュートラルな状態を大切にする」

いろいろな学びを頂いた一日でした。

写真は青木さんのブログから勝手にコピペして
しまった懇親会の写真です。
青木さん、ごめんなさい。
そして、ありがとうございました。

|

コーチ仲間と素敵な時間

Eirakukurabu

コーチのお友達にお誘い頂いて、
会員制の永楽倶楽部様にお邪魔してきました。

とても素敵な場所で、友人達と語らう時間は、
本当に幸せな楽しい時間でした。

ホッピービバレッジ株式会社の石渡美奈さまもご同席頂き、
大変明るく気さくでパワフルなお人柄で
益々楽しい時間にしてくださいました。

次から次に魔法のように出来あがってくる
素晴らしいカクテルの数々・・・。
どれもこれも本当に美味しくて、美しい芸術品でした。

熱中症で日中は寝込んでおりましたが、
お友達の皆さんが優しくしてくださり、本当に感激しました。
ありがとうございました。

写真はレインボー色のカクテルです。
あまりに美しくて、持つ手が震えました。

|

企業研修の1日

昨日、企業研修の講師をして参りました。

会社の皆さま方とのご縁に感謝致し、
心より厚くお礼申しあげます。

大変、意識も能力優れた受講生の皆さま、
まさに全ての面でQualityの高い皆さまであったと
感服した熱い1日でした。

特に、「想い」を言葉に乗せるお力と、
忍耐力・粘り強さは素晴らしいと思いました。

私も、受講生の皆さまと一体になり、
200%の努力をさせて頂きました。

本で読んだり、頭で考えた知識だけでは、
今回の研修はできません。
耳学問では成し得ない経験値。
まさに現場力だと思いました。
組織というものは、ただ涼しい顔をして、
現場の声を聞かないで口だけ挟むのでは、いかんともしがたい。
その現場の声を聞こうとなさり、思いやりを示し、
活かそうとなさる会社の皆さまに敬意を表したいと思います。

どんな場にも、
「場」を読む力が必要です。
「場」を作り、育て、醸成する力です。

私はこの研修を多々経験しておりますが、
今回は特に受講生の皆さまと一体になれて
本当に学びを得ました。

また、「思いやり」のあるなしがどれほど大切なものであるか、
しみじみと感じ入った一日でもありました。

私は「楽しくなければ研修ではない」と思っています。
明るく楽しいユーモアと、ぴりりと効いたスパイスと、
そして自分の体験を語ること。
講師がひととなりと思いやりを見せることだと思っています。
その時に人は心を開いてくださいます。

酷暑の中、「楽しかった。またやりたい!」と、
紙に書いてくださった受講生の皆さんの笑顔・・・

私と一緒に大きく手を伸ばし、大ホールで
「前向きOK!」と元気にポーズしてくださった皆さんの手・・・

私の一生の宝物です。

これからの皆さまのご活躍を心からお祈りしています。

|

「マイベストプロ東京」★町の専門家

7月29日(木)に、読売新聞社さまの新しいサイトとして、
「マイベストプロ東京」がオープンします。

町の専門家というサイトなのですが、
ありがたいことに、ネット上に数あるHPやBLOGの中から
私は、読売新聞社さまからご選出を頂き、
直接ご連絡を頂いて、審査に通過し、
マイベストプロとしてサイトに参加させて頂く運びと
なりました。

http://pro.mbp-tokyo.com/ohtsubo/

読売新聞社さま、本当にありがとうございます。
心からお礼を申し上げます。

29日(木)の東京地区の読売新聞朝刊に大々的に
「マイベストプロ東京」の折り込み広告が入ります。

私も顔写真入りで登場しますwink

これから、サイト上でコラムを書いたり、
読者の方のご質問にお答えしたりします。

私はこのサイトに大変期待を寄せています。

都度都度、コラムを更新し、
読者の方のお目に触れるようにと思っています。

と、言いますのも、
コーチという職業は、まだまだ一般の方に認知が浅く、
コーチをつけることによって、
成果が目覚ましく表れるということが、知られておりません。

実に残念なことです。

特に、中小企業の経営者の方、開業医院の院長先生、
それらの方々にとって、そばにいて、
一緒に歩むパートナーは、
本当にその方のお役に立てることと信じています。
「心」を大切に扱うアプローチを致します。

ですから、私はこの仕事に誇りを持っており、
たくさんの皆さまにご紹介できればと思っています。

頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。

|

橘屋和事教室

今日は、私のお友達が企画しているイベントのご紹介です。
「橘屋和事教室」です。
単発の1回イベントを何回かやります。
*************************************
1回目 7月31日(土)  【 鼓 】
2回目 8月28日(土)  【 三味線 】
3回目 9月日時調整中  【 笛 】
4回目 10月23日(土)  【 書 】
時間:①16:00~17:30 ②18:00~19:30 
場所:四谷荒木町 橘屋
定員:15名
参加費:3500円   
***************************************  
詳しくは
を、ぜひご覧ください。
鼓も三味線も笛も、歌舞伎座で中村勘太郎さんや七ノ介さん
の舞台や、コクーン歌舞伎や、NY講演などで演奏をして
おられる超一流の方々です。
その方々の演奏を畳の間でじきじきに少人数で聴ける、
大変素敵なイベント。なかなかこんな機会はありません。
実は、このイベントの第5回目が決定致しまして、
大坪と、茶道教授の私の母がコラボして、
        登壇することになりました!
***********************************************
5回目 11月日程調整中 【 茶道 * 客の作法 * 】
  表千家教授 月川 宗江(つきがわ そうこう)
  
            with 大坪 英理子
***********************************************
どうぞお楽しみになさってください。

|

【医療コーチング】スタッフの自発的な意欲の芽を育てるには・・・?

先日、J-SOL大会でとても素晴らしい内科医の先生にお会い
しました。

先生は、医療という分野のみならず、
ソリューションフォーカスやコミュニケーションやコーチングなど、
たくさんの自己研鑽をなさっておられ,
それを医院内の組織風土の構築に広げておられました。

スタッフの皆さんも院内の勉強会に自発的に
参加されておられるそうで、
それは、お給料・金銭というインセンティブではなく、
「患者さまに喜んで頂くことの喜び、貢献への喜び」という
インセンティブから発していると伺って、
正直のところ驚愕し、感動しました。

人は誰かに喜んでもらうことで幸せを得ることができる。

でも、それは「認められる」という対価も含めて、
心に柔らかなゆとりや余裕がなければ
そこに幸せを感じることはできないように思います。

きっと、その先生は、たくさんの「認める」ということを
スタッフの皆さんに対してなさっておられるのだと思いました。

とてもチャーミングなえくぼのできる先生は、
きっとたくさんの笑顔を皆さんに届けておられるのだろうと
思いました。

スタッフに常に「ありがとう」と声をかける。
笑顔で接する。
いらいらした態度をとらない。
人の良いところを口に出して伝える。

そんな心がけを日々実践することが、
必ず院内を明るくし、
組織を改善し、
スタッフの皆さんの自発的な意欲の芽を育てます。

|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »