« 【就活コーチング】慶應大学でのコラボセミナー | トップページ | 心理学 早稲田大学にて »

【医療コーチング】開業医院 患者数を伸ばす医院とは?

今、我が家では、大学4年生の子どもがまさに就職活動の山場に
いるのですが、昨日、グループディスカッション対策を、
親子で話し合っていました。

たくさんのキーワードと具体的な事柄がお互いの会話から
生まれてきたのですが、語れば語るほどにそれは広がり、
良いものがたくさん出てきました。

まさに「対話の力」だと思いました。

その中で出てきたキーワードが2つあります。、
ひとつは「おもてなしはホスピタリティを超える」ということ。
もうひとつは、「感動」が新たなお客様を呼び、業績の伸び
に繋がるということ。

もちろん、ホスピタリティ=おもてなしの心と訳されていることは
重々承知しています。

しかしながら、ホスピタリティという言葉には「対価」が含まれて
いるように思います。
感覚の問題だけなのかもしれませんけれど・・・。

ですが、「おもてなし」というものは、対価を求めず、
まさに相手のために心をつくすということにほかならない
と、私達は考えました。

医院に置き換えてみましょう。

医院に患者さまの足を向けて頂くには・・・?

その医院に行くと、先生がしっかり目を見て、丁寧に説明をしてくださった。
その医院に行くと、先生が「安心してください」と言ってくださった。
その医院に行くと、看護士さんが優しく声をかけてくださった。

そんな小さなことが、大きな「感動」に繋がって、
患者さまの足を再び、医院に向けて頂けるのです。

そして、感動を覚えた患者さまは、
必ず、家族や親せきやお友達にその話をなさいます。
それが、次の患者さまの足を向けて頂くこととなります。

あなたの医院に、毎日「感動」はありますか?

ぜひ、対話の力をもって、職員の皆さまと話し合ってみてください。

「もし自分が患者さまだったら、、こんなことが嬉しい」
という問いを質問シートにして、スタッフ全員に1人20個づつ書いて
もらいましょう。

きっと素敵な知恵がたくさん生まれてくるはずです。

|

« 【就活コーチング】慶應大学でのコラボセミナー | トップページ | 心理学 早稲田大学にて »

医療コーチング」カテゴリの記事