« 【医療コーチング】スタッフが医院を辞めたいという気持ち | トップページ | 【医療コーチング】開業医の孤独 »

【医療コーチング】開業医院経営の心がけ■患者数という指標■

あなたの医院は何を指標にしていますか?

患者数ですか?

もちろん医院を経営する上で、
それもなくてはならない指標です。

しかしながら、あえて言います。

常に頭に描く「患者数」という指標を1度外してみませんか。
数にとらわれ、数に追われることが、真の医療でしょうか?
本当に、あなたのやりたい医療でしょうか?
数にとらわれるばかりに、見失っているものはないでしょうか?

1番に掲げたい指標として…
「患者さまの笑顔」「スタッフの笑顔」と、
考えることはできないでしょうか。

そこに「笑顔」が在るということは、
すべてが円滑に回っているということです。
そこに対話が在り、思いやりが在り、生きがいが在り、
希望が在るということです。

今の時代は「希望」を無くしています。

心を病む人が増え、自殺者が増加し、
人々は働く意欲を持てず、
未来が閉ざされた想いを持った人で溢れています。

あなたの医院が、笑顔をいっぱいにすることで、
たくさんの人々に
希望の光を差し込ませることが出来ると考えたら、
それは小さくとも、大きな社会への貢献です。

そんな心がけが、
しいてはあなたの医院を、
たくさんの患者さまが足を運ぶ、
街の心優しき医院にすることでしょう。

「笑顔」を指標にするということ。

ぜひ考えてみてください。

そして、それにはまず、院長の心からの笑顔が必要です。

あなたに笑顔はありますか?

|

« 【医療コーチング】スタッフが医院を辞めたいという気持ち | トップページ | 【医療コーチング】開業医の孤独 »

医療コーチング」カテゴリの記事