« 【医療コーチング】開業医院経営の心がけ■聴く■ | トップページ | 【医療コーチング】開業医院経営の心がけ■受付ロビー■ »

【医療コーチング】開業医院経営の心がけ■あきらめない■

昨夜、現代版組踊「肝高の阿麻和利」東京公演を

観に行ってきました。

http://amaaka-tokyo2009.jp/

これは、沖縄の小中高校生が創りあげた舞台で、

たくさんの人々の心をとらえ、それは口々に伝えられ、

そのほとばしるエネルギーに圧倒され、感動する、

心揺さぶられるものでした。

彼ら彼女らは、本当に素人の、どこにでもいる子どもたち。

その子どもたちのまっすぐな瞳と、力強い踊りと、

突き抜けるほどの明るい笑顔。

もちろん、練習で苦しい想いもしてきたことでしょう。

その「一生懸命」な姿すべてに、

大人たちは心を射抜かれるのでした。

最後に、舞台の演出をなさった演出家の平田大一さんが

音楽担当の子どもたちと一緒に指揮をし、歌い、感動の

舞台を締めくくられました。

そのお姿を見て、私は思いました。

平田さんは、きっと「あきらめない」ということをずっと

やり続けてこられたのだろうと。

その地道な努力と、大きな夢が、今のこの舞台を

作ってこられたのだろうと。

沖縄の普通の子どもたちが、東京で、ハワイで、

公演を成功させているのです。

先日、出席した勉強会で

『やれることは全部やる。

焦る必要はない。

でも全力でコツコツと考え続けること。

そして、やり続けること』

という学びがありました。

開業医・医院経営者の皆さま、いかがでしょうか?

あきらめることなく、やり続けているでしょうか?

たとえその時すぐに結果がでなくても、

長い時間かかっても、

やり続けていけば、あきらめなければ

と、今、私は信じています。

|

« 【医療コーチング】開業医院経営の心がけ■聴く■ | トップページ | 【医療コーチング】開業医院経営の心がけ■受付ロビー■ »

医療コーチング」カテゴリの記事