« 【医療コーチング】開業医の悩み■従業員が辞めない医院の作り方■ | トップページ | 【医療コーチング】開業医院経営の心がけ■スタッフに感謝を伝える■ »

【医療コーチング】医院開業のポイント■資金調達■

医院を開業するにあたって、必要な人・物・金。

今日は、その中で金という部分でアドバイスをしたいと思います。

あなたは、社会的に信用度のある誠実で堅実な人柄の人物を

支援者として、バックに立ってもらっているでしょうか。

私は医院開業の際、厳しいほどに現実を見つめた事業計画を

持って、その人物と共に銀行の門をたたきました。

彼は私の親しい友人で、とても信用のおける立派な人物です。

そして、その信用度と堅実な事業計画のおかげで、

一発で、希望通りの金額の融資を受けることが決まりました。

「こんなに堅実で厳しい事業計画を立てる人物がバックにいら

っしゃるのならば大丈夫です」と、銀行の方に言わしめました。

今も彼とは大変親しい友人関係です。

実は、その前に1度、私は他の人と共に銀行に出向いていました。

その時ご同行頂いたのは、私にとってはどうしても気持ちをひとつ

にすることのできない人物でした。

その人物は、私の共同経営者が連れてきた人物で、

私は感覚的にどうしてもその人物を信用することができません

でした。

世の中には、医院を開業すると聴くと、

自分が利益を得るために、いろんな職種の人がうごめく様に

近づいてきます。

その人物もそうでした。

その人物はたくさんの医院の開業に携わった人物でしたが、

どうしても私には胡散臭さをぬぐいきれず、

彼の作った事業計画は甘さを感じさせるものにしか私には見え

ませんでした。

そして、案の定、銀行からは希望の額よりずっと低額の融資しか

ご提案頂けませんでした。

私は、その人物を切りました。

すっぱりと切りました。

ドクターには、世間知らずが多いという短所があります。

私の共同経営者も世間知らずでした。

このあたりの見極めはとても大切です。

切るべき人はきちんと切る。

人を見る目を養っていないと、開業は失敗に終わります。

それには日頃から、良い人間関係を構築し、

たくさんの友人を持ち、いろんな職種の人と話をし、

新聞などの知識をしっかり持ち、目を肥やす努力が必要です。

ただ漫然と、ただ人任せ的な気分で、

医院開業に着手するとしたら、それは大きなまちがいです。

自分の病院を、自分で開業し、自分で経営するのです。

その覚悟をしっかりと持ってください。

そのパッションと、理性的な頭と、たくさんのつなぎ合う手と、

感謝の心。

それらを携えて開業に着手してください。

あなたの日々の積み重ねが、信用を生みます。

|

« 【医療コーチング】開業医の悩み■従業員が辞めない医院の作り方■ | トップページ | 【医療コーチング】開業医院経営の心がけ■スタッフに感謝を伝える■ »

医療コーチング」カテゴリの記事