« 【医療コーチング】リッツカールトンに学ぶホスピタリティ | トップページ | 【医療コーチング】医院開業のポイント■資金調達■ »

【医療コーチング】開業医の悩み■従業員が辞めない医院の作り方■

スタッフが定着している医院と、

始終いれかわっている医院とがあります。

患者さまの目から見ても、医院にとってスタッフが始終入れ替わる

ということは、決して良いことではありません。

スタッフがすぐに辞めて入れ替わるということは、

そこになんらかの問題点があるはずです。

何が問題となっているのか、しっかりと考えておられるでしょうか?

医院の場合、給料その他の労働条件については

それほど大きな違いがあるわけではないので、

そのことが原因で人が沢山辞めていくというケースは少ないです。

辞めていく理由の1番は、

ドクターとスタッフとのコミニューケーション不足ということが考えられます。

「一生懸命働いているのだけれど、先生からは評価されていない」

と考え、注意されたのをきっかけにやめてしまうというパターンです。

イライラして、スタッフに八つ当たりをしていないでしょうか?

きちんと言葉にして感謝を伝えているでしょうか?

問題があるのは自分ではないのかと認識なさっておられるでしょうか?

私は、毎日3分でも5分でも、1人1人と話をすることと、

月に1度、スタッフ全員と30分くらいの個別面談を行い、

スタッフが考えていることに耳を傾け、

自分が考えていることを伝える機会を作ることをお勧めしています。

そしてドクターは、自分にきちんとフィードバックをもたらしてくれる

コーチをつけることです。

院長には、皆何も文句が言えず、それが結果として黙って辞める

ということになります。

医院の中に「コミュニケーションを専門とした」人を入れ、

スタッフの声を吸い上げる仕組みを作るのです。

それには、恐縮ですが、コンサルタントや税理士といった職業の

方々では請け負えない役割です。

それはコーチの仕事です。

また、医院全体としての共通の目標を作り、理念を掲げることです。

スタッフ自体がそのために何をしたらいいのかと自発的に

考えるようになり、仕事に対するモチベーションが上がり、

その結果仕事が楽しくなっていくという良い循環が生まれて来ます。

「対話に溢れた、活き活きと明るく楽しい職場作り」

これがスタッフ定着のキーワードです。

|

« 【医療コーチング】リッツカールトンに学ぶホスピタリティ | トップページ | 【医療コーチング】医院開業のポイント■資金調達■ »

医療コーチング」カテゴリの記事