« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

inputの月 1月31日

J0401485

私は現在、

コーチングプレナー協議会と

ビジネスコーチング部会に

加入しています。

特にコーチングプレナー協議会は、もう半年近く、

楽しく活気あるメンバーと、毎月切磋琢磨を続けています。

コーチングプレナー協議会は、コーチングを見える化し、

商品化するという目的の勉強会。

私に足りない「戦略性」という部分の強化と、情報の共有化。

熱い仲間達から得る様々な刺激に触発されて、

モチベーションを上げることも大いなる目的です。

それに、毎回の懇親会のめちゃめちゃ楽しいことったら!!

最高の仲間達です。

2月は、それらの勉強会に加えて、とにかくinputの月と位置付けています。

日本経営品質賞のセミナー、

(株)武蔵野の小山昇社長のセミナー、

coach21のインタラクティブトレーニング「チームビルディング」、

CTPも、多めの受講で頑張ります。

読みかけの本も、見なきゃいけないDVDも山積み状態。

CTPマニュアルを1からじっくり読みなおすことも必要だと考えています。

現在企画書を書いている、4月からの新しい仕事に向けて、

学ぶ、学ぶ、学ぶ!!!やるぞ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Happy birthday を大切にして  1月15日

あなたは周りの人達のお誕生日を大切にしていますか?

お誕生日は、あなたがその人に、1年に1度、

思い切り「感謝」を伝えられる日でもあるわけです。

その人が生きていること、

その人と一緒にいられること、

その人とご縁を繋げていること、

そのすべてに感謝を伝えられる日です。

ぜひ手帳やカレンダーで管理をして、お誕生日を大切にする心がけを

実行していきましょう。

それには、1月の今、管理をしなければ、

せっかくの素敵な機会を失ってしまいます。もったいないですね。

今週中にぜひやっていきましょう!

そして、お誕生日は

specialで、happyで、surpriseな演出をしてあげましょう。

言葉で、バースデーカードで、メールで・・・。

例えばビジネスシーンで、上司が部下に朝一番に

「今日は君は誕生日だね。おめでとう」

と言ってあげたら、その部下はどんな気持ちがするでしょう?

営業マンがお客様に

「今日はお客様のお誕生日ですね。おめでとうございます。

本当にいつもありがとうございます。」と申し上げたら、

お客様はどんな想いになるでしょう?

答えはもちろん「その人を好きになる!」ですね。

お誕生日は、世界中の誰もが、祝われて嬉しいspecialな1日です。

小さな思いやり、優しい心遣い、ちょっとした心がけ、

それがあなたの周りのコミュニケーションを

きっと円滑にしてくれることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マネージャーの素養のひとつとして  1月10日

誰しも仕事をしていれば、うまくいくときもあるし、

思うように行かないこともあります。

あるいは、自分の期待に反した状況に陥ることも

あります。

そんな時に自分を勇気づけてくれる人がいると、

いち早くエネルギーレベルを上げることが出来ます。

1人の人のエネルギーレベルが

組織のパフォーマンスに与える影響の大きさを

考えると、マネージャーにとって部下に対する

【勇気づけ】は、持ち合わせているべき素養

ではないでしょうか。

では、

人を勇気づけるのが上手い人とは、どんな人

でしょうか?

人の痛みがわかる人です

自分の周りの人のエネルギーレベルを見る

観察力を持っていることが、

勇気づけの上手い人の特徴です。

相手の立場に立って、相手の心の状態を

推察することの出来る人です。

相手の普段と違うたたずまい、表情、声、スピード感

などを観察し、受け取ることが出来る人です。

まさに「思いやりのある人」ということに尽きる

でしょう。

相手の持っている強みや 

 成功体験といったリソースを、

相手に思い出させる伝え方の出来る人です。

それには短いセンテンスで自信を持って、

言い切ることです。

「君は出来る!」と。

勇気づけのタイミングを的確に計れる人です。

のべつ幕なしに相手を勇気づけたとしても、効果的

とはいえません。

それには場面の見極めが必要です。

周りを敵に囲まれて、孤立してしまっているような時は、

不安な状態だったり、自信も持ちづらい状態だと思います。

例えば初めてのお客様のところに、1人で重要な用件を

決めに行かなければいけない場面などは、

それに当たるでしょう。

訪問先につく頃を見計らって、

ちょっと電話を入れてみるとか、

出かける前に商談のポイントをメモに書いて、

「訪問先に入る直前に読んでくれ」と言って渡すなどされると

大変心強いものです。

「大丈夫、君なら出来る!」と肩をぽんとたたいて送りだす

だけでも大きな励ましになるのではないでしょうか。

「離れていても、自分をサポートしてくれる人がいる」

と思えると、人は勇気づけられます。

つまり、「1人じゃないんだ」と思えるということです。

見てくれている人がいる、支えてくれている人がいると

思えることです。

*************************************************

■今あなたの部下ひとりひとりのエネルギーレベル

 はどのくらいですか?

■誰にどんなタイミングで、どんな伝え方で、

 勇気づけが出来るでしょうか?

**********************************************

新しい年を迎えて、何か「始めたこと」はありませんか?

もし、「始めよう」と思っていることがあるとすれば、

これを機会に、ぜひ人に宣言をして始めて下さい。

「有言実行」です。

口に出せばやらざるをえなくなり、

それが行動のエネルギーとなります。

私は3つのことを始めています。

①朝一番にトイレ掃除をする

②毎日、「ポジティブな言葉」を手帳に書く

③毎日、日記に「今日感謝したこと」を書き、

日記を「ありがとうございます」で結ぶ

①は、寒い朝に、最も汚い仕事を朝一番にやる・・・

しかもそれは、家族のために気持ちよく使って

ほしいと願えばこそです。

終わった後、いつもとても清々しい気持ちで

1日をスタートできます。

②この厳しい時代、人はネガティブになりがちです。

ポジティブ思考は自ら意識的に続ける事で本物に

なっていきます。

特に手帳は毎日目にするものです。

毎日書いて、毎日目にする。そこがポイントです。

カップヌードルのCMの「夢こそが明日をつくる」が

最近のお気に入りで、毎日目にしています。

③愚痴の日記は後で読んでも気もちの良いものでは

ありません。

いかに毎日の暮らしの中に感謝の種を見つけていくか。

その種を365日集めれば、365個の感謝となります。

気持ちの良い日記は、書くのが楽しみになっています。

そして、後は「継続」が鍵です。

人は・・・

1カ月続けば、やらないと気持ちが落ち着かなくなります。

3カ月続けば、クセになります。

6カ月続けば、人格になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル 1月4日

ライスボウル・アメリカンフットボール日本選手権を

東京ドームで観戦してきました。

cheer stixをパフパフ叩きながら、

「今日はおもいきり楽しもう!」と楽しんできました。

重量級の男たちがフルスピードで激突する「パワー」と、

1チーム100種類以上のプレーを駆使する「頭脳」の戦い。

大学王者の立命館大と社会人王者のパナソニック電工が

日本一を目指しての決選でした。

立命館大のチームメートにはひとつの合言葉がありました。

それは「浅尾を日本一の主将にする。」

主将の浅尾選手は10月にアキレス腱を断裂。

それでも松葉杖を両脇に抱えたまま仲間達を鼓舞し続け、

キャプテンとしての役目を果たしてきたそうです。

そんな主将の気持ちに応えるためにも、勝たなければと誓い、

仲間を思う気持ちは結束をより強めたといいます。

そして、まさに試合は立命館大の勝利でした。

仲間を想い合う熱い魂と結束力が、

チームを勝利へと導いたのでしょう。

その姿を見ていて、先日雑誌に、

旺盛な愛社精神を維持しているアサヒビールについての記事が

載っていたことを思い出しました。

「働き甲斐のある会社全国5位」「年間離職率0.9%」。

誠実で熱い人間が集まり、集団で力を発揮する同社の、

会社と社員の信頼関係、社員同士の一体感の築き方についての

その記事は、実に読み応えのあるものでした。

アサヒビールのある営業マンに

「あなたのモチベーションとは何ですか?」

という質問をしたところ、

「私は社長を男にしたいと思っています」と発言したそうです。

「男にしたい」

実に、日本的な表現ですが、そのまっすぐで澄みわたった力強い熱い魂は、

その想いの強さを見事に表している深い言葉だと思います。

まさに愛社精神の表れです。

そして、「この会社で働いていることを胸を張って人に言える」という値が

とりわけ同社の社員に高いと書かれてありました。

実に素晴らしいことです。

そして最後に

「愛社精神を維持していくには、

変えるものと変えてはいけないものを見極めつつ、

変化に即応する不断の努力と継続性が不可欠である」

と結んでありました。

今、世界は急激に元気をなくしてしまいました。

誰も、ひとごととは言えない厳しい時代です。

しかし、今こそ、周りの人を思いやり、感謝し合い、熱い魂と元気で

結束を強める時だと、心からそう思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年を迎えて 1月1日

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

穏やかな新春です。

とても平和な気持ちの、佳き春です。

今年はとても美味しくお雑煮が出来て、

子供達が「おいしい、おいしい」とおかわりをするのが

小さくてほのぼのとした幸せです。

テレビの前でうたたねを始めた子供達に毛布をかけ、

熱いコーヒーにそっと口を運びながらこのブログを書いています。

この静かな幸せに心から感謝をしつつ、

今日の澄みわたった空の様な穏やかな心で、

新しい年を明るく、元気に、前を向いて

のびやかに歩いていこうと思います。

念ずれば叶う。

きっと叶う。必ず叶う。

そう信じて頑張っていきます。

そして、今年の3つの心がけをここに記します。

1つ・・・強くなります。

1つ・・・いっぱい笑います。

1つ・・・常に前向きでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »