« ライスボウル 1月4日 | トップページ | Happy birthday を大切にして  1月15日 »

マネージャーの素養のひとつとして  1月10日

誰しも仕事をしていれば、うまくいくときもあるし、

思うように行かないこともあります。

あるいは、自分の期待に反した状況に陥ることも

あります。

そんな時に自分を勇気づけてくれる人がいると、

いち早くエネルギーレベルを上げることが出来ます。

1人の人のエネルギーレベルが

組織のパフォーマンスに与える影響の大きさを

考えると、マネージャーにとって部下に対する

【勇気づけ】は、持ち合わせているべき素養

ではないでしょうか。

では、

人を勇気づけるのが上手い人とは、どんな人

でしょうか?

人の痛みがわかる人です

自分の周りの人のエネルギーレベルを見る

観察力を持っていることが、

勇気づけの上手い人の特徴です。

相手の立場に立って、相手の心の状態を

推察することの出来る人です。

相手の普段と違うたたずまい、表情、声、スピード感

などを観察し、受け取ることが出来る人です。

まさに「思いやりのある人」ということに尽きる

でしょう。

相手の持っている強みや 

 成功体験といったリソースを、

相手に思い出させる伝え方の出来る人です。

それには短いセンテンスで自信を持って、

言い切ることです。

「君は出来る!」と。

勇気づけのタイミングを的確に計れる人です。

のべつ幕なしに相手を勇気づけたとしても、効果的

とはいえません。

それには場面の見極めが必要です。

周りを敵に囲まれて、孤立してしまっているような時は、

不安な状態だったり、自信も持ちづらい状態だと思います。

例えば初めてのお客様のところに、1人で重要な用件を

決めに行かなければいけない場面などは、

それに当たるでしょう。

訪問先につく頃を見計らって、

ちょっと電話を入れてみるとか、

出かける前に商談のポイントをメモに書いて、

「訪問先に入る直前に読んでくれ」と言って渡すなどされると

大変心強いものです。

「大丈夫、君なら出来る!」と肩をぽんとたたいて送りだす

だけでも大きな励ましになるのではないでしょうか。

「離れていても、自分をサポートしてくれる人がいる」

と思えると、人は勇気づけられます。

つまり、「1人じゃないんだ」と思えるということです。

見てくれている人がいる、支えてくれている人がいると

思えることです。

*************************************************

■今あなたの部下ひとりひとりのエネルギーレベル

 はどのくらいですか?

■誰にどんなタイミングで、どんな伝え方で、

 勇気づけが出来るでしょうか?

**********************************************

新しい年を迎えて、何か「始めたこと」はありませんか?

もし、「始めよう」と思っていることがあるとすれば、

これを機会に、ぜひ人に宣言をして始めて下さい。

「有言実行」です。

口に出せばやらざるをえなくなり、

それが行動のエネルギーとなります。

私は3つのことを始めています。

①朝一番にトイレ掃除をする

②毎日、「ポジティブな言葉」を手帳に書く

③毎日、日記に「今日感謝したこと」を書き、

日記を「ありがとうございます」で結ぶ

①は、寒い朝に、最も汚い仕事を朝一番にやる・・・

しかもそれは、家族のために気持ちよく使って

ほしいと願えばこそです。

終わった後、いつもとても清々しい気持ちで

1日をスタートできます。

②この厳しい時代、人はネガティブになりがちです。

ポジティブ思考は自ら意識的に続ける事で本物に

なっていきます。

特に手帳は毎日目にするものです。

毎日書いて、毎日目にする。そこがポイントです。

カップヌードルのCMの「夢こそが明日をつくる」が

最近のお気に入りで、毎日目にしています。

③愚痴の日記は後で読んでも気もちの良いものでは

ありません。

いかに毎日の暮らしの中に感謝の種を見つけていくか。

その種を365日集めれば、365個の感謝となります。

気持ちの良い日記は、書くのが楽しみになっています。

そして、後は「継続」が鍵です。

人は・・・

1カ月続けば、やらないと気持ちが落ち着かなくなります。

3カ月続けば、クセになります。

6カ月続けば、人格になります。

|

« ライスボウル 1月4日 | トップページ | Happy birthday を大切にして  1月15日 »

コーチング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518340/43694403

この記事へのトラックバック一覧です: マネージャーの素養のひとつとして  1月10日:

« ライスボウル 1月4日 | トップページ | Happy birthday を大切にして  1月15日 »