« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

TV「プロフェッショナル」 11月27日

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

言われたことを

仕方なくやると

やらされ感

言われた以上のことを

目指すと

わくわく感

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    福島正伸氏「夢を実現する今日の一言」より

コーチングでよく言葉にするのが、

この「わくわく感」です。

人は「わくわく」すれば、ぐーんと前に進めます。

人は「わくわく」すれば、やる気が高まります。

どうぞ、見渡してみてください。

あなたのスタッフは「わくわく」して仕事をして

いますか?

あなたはスタッフに「わくわく」を与えることが

できているでしょうか?

あなた自身、休み明けに「わくわく」して会社に

足を運んでいるでしょうか?

どうすれば皆が「わくわく」できるのでしょうか?

そんな質問を自分に投げかけてみる。

ちょっと、考える時間をもってみる。

まずは皆がそうした事を考える

そして、皆で考えた事を持ち寄って話す。

話した事を皆で実行してみる。

そうすることが、会社の風土を明るく闊達なものに

変えていくのではないでしょうか。

****************************************

NHKTV「プロフェッショナル」で、

認知症介護の専門家である大谷るみ子さんが言った。

「心は生きている」と。

たとえ認知症でいろいろな事がわからなくなって

いても、

心は生きているのだと。

それに寄り添うことだと。

人として尊重すること、

そのために自分達がすべきことは、

「相手の世界におじゃまする」ことだと。

ちょっとした表情や、声のトーンを見逃さず、観察する。

「あなたはとても大切な人だ」と認めてさしあげる。

「その人の人生を引き出すことから介護は始まる。」と。

「人は人生のリュックサックを背負っているのだから。」と。

大谷さんに脳科学者の茂木健一郎さんが聞いた。

「仕事とは?」

大谷さんは答えた。

「心に向き合うのが仕事、心をかけるのが仕事」だと。

////////////////////////////////////////////////

さて、

昨年夏、私は父を脳梗塞で亡くしました。

長年会社のトップとして、

社会でも第1線を駆け抜けてきた父。

5年間、脳梗塞で倒れて寝たきりとなった父を、

母は自宅介護を全うしました。

要介護度5。

最も重い状態の父でした。

母は常に、父を敬い続けました。

口がきけなくなった父に、母は常に声をかけ続けました。

実に明るく、笑顔を絶やさない母でした。

まさに「心をかけて」きたのです。

どうぞ、皆さん、

周りの人に声をかけましょう。

心をかけましょう。

コミュニケーションを交わすことは、人を幸せにします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茂木健一郎さんと椎名誠さんの対談&ビジネスコーチング部会  11月24日

先日、脳科学者の茂木健一郎さんと作家の椎名誠さんの

対談に行ってきました。

「愛と情熱の脳科学」というタイトルで、

お二人がどんな風に愛を語るのか楽しみでした。

椎名さんが照れ屋さんでいらして、ちょっと残念ながら、

ほとんどタイトルのお話はなく、他のお話が多かったのですが、

「恋は、生きる希望」

というフレーズがとても心に響きました。

まさしくそうだと思います。恋するとは、明日を生きる希望です。

また、椎名さんの、アジアにおける大変ブラックな重いお話が

胸に突き刺さりました。

私は、ささやかながら、アフリカのjaneちゃんへの支援を

続けているのですが、大それたことはできないけれど、

自分にできることをほんの少しでも。。。。と思っています。

さて、昨日は神奈川ビジネスコーチング部会に参加。

大変勉強になりました。

自分の苦手な部分を浮き彫りにされた感じで、

やはり苦手な部分こそ学んで強めていきたいと

思いました。

自分と相手を信じること。

思いやりをもつこと。

私が大切にしたいと思っているその軸が、

幹太く私の中に息づいた時でもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女性社員研修  茶道  11月21日

女性社員研修の茶道体験講習を行ってきました。

どの顔も、最初は緊張していましたが、

ひととおりのお作法を習い、

お菓子を口にして、お友達がたてたお茶を頂く頃には

とても和やかで穏やかな時間が流れていました。

茶道体験を取り入れているのは、

おもてなしの心、おもいやりの心を、

茶道を通して感じて頂けたらと思い行っています。

いつも、3時間の研修が終わった時には、

皆さんの顔はたいそう輝いています。

それは、穏やかで凛とした時間を共有できたこと、

新しい事を学び、達成感があること、

やり終えた自信がついたこと

など、人それぞれの想いが、晴れやかな笑顔に

繋がっているのでしょう。

それにしても、人は同じ場所で

同じものを食すと、なんとうちとけるのでしょうか。

コミュニケーション・・・

ともすれば人間関係とは難しいことでもあるのですが

ほんのささやかな時間の共有と、

思いやりあった心の通わせ方で、

コミュニケーションは通い合い、

美しい人生になる・・・

そうは思いませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「居場所」と「その人らしさ」  11月10日

**********************************************

communication hint

 

     「おかえりなさい」

**********************************************

会社の中で、「いってらっしゃい」という言葉は

良く使われます。

大変結構なことだと思います。

でも、「おかえりなさい」はよく使われている

でしょうか?

お家に帰って、ご家族から「おかえりなさい」と

声をかけられる。

自分の巣に、自分の場所に帰ってきたという

安らぎが心に生まれて、私達はその声にホッとします。

「おかえなさい」という言葉は、

ここに「あなたの居場所がありますよ」という

メッセージでもあるわけです。

「おかえりなさい」

会社でも使って、広めていきませんか?

******************************************

先日、たくさんの方の前で、あるプレゼンを

やってきました。

かなりドキドキしながらのプレゼンだったのですが、

私らしくは出来たかな。。。と思いました。

そして、たくさんの方から褒めて頂きました。

大変嬉しく思いました。

内容よりも、「私らしさ」を褒めて頂けたことが

嬉しかったのです。

自分らしくあること。。。

その人らしくあること。。。

人は、その人らしく生きていけることが

何より幸せなことです。

そして、

その人らしさを認めてもらえる、褒めてもらえる

ということは本当に嬉しいことです。

私は、もっと、やる気が湧いてきました。

どうぞ、皆様も、周りの人の、その人らしさを、

声に出して褒めてあげてください。

声に出さなければ、相手には伝わりません。

それが、相手のモチベーションを上げる最大の方法です。

さぁ、今日、あなたは周りの人を何回

褒めることが出来ますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーチングプレナー協議会  11月9日

私が入っているコーチングプレナー協議会に

昨日参加してきました。

本当に、圧倒される程にスキルや能力の高い人達の、

魅力溢れる個性やお人柄に触れて、

とても楽しく、学びの深い時間を過ごせました。

夜はもちろん、懇親会wink

「本当にこの人と人生で初めて話したの?」と、

言いたくなる位にうちとけて話せ、

心温まる想いでした。

私は、「おおつぼワールド」だの、「ぼさつ」だのと

皆さんに言われながら、

自分ではよくわかりませんが、

独自の世界を築いているらしく。。。(笑)。

私に流れている時間がゆっくり広いらしい。。。???

でも、たくさんの承認と笑顔と優しさと勇気を

頂きました。

こんなに素晴らしい人達に出会うことができて、

心から感謝、そして、happyです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ「プロフェッショナル」を見て 11月3日

Communication hint

ちょっと苦しい時、鏡を見て微笑む

すごく苦しい時、鏡を見て大笑いする

   表情は、意識を作ります。

*****************************************

先日、脳科学者の茂木健一郎さんのテレビ番組で、

『苦しい時もあえて笑う』

という実験がありました。

口の口角を上げて、無理をしてでも笑うと、

人の脳は、

「ポジティブに活性化される」ことが

実証されました。

その番組を見てから、

私は事あるごとに

「口角を上げよう!」と

意識しています。

口角を上げる。。。

確かに意識すると、

その瞬間、脳がぴぴぴっっと

ポジティブに動いて、

気が晴れやかになります。

強面(こわもて)の顔は、

チャーミングではありません。

ぜひお試しくださいね(^.^)

コーチングを始めた頃、

私は顔が全部うつる大きな鏡を

電話の横に置いて常に笑顔をチェックしていました。

最近は外してしまっていたのですが、

【行動】手鏡を常に手近に置くことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »