« 瀬戸内寂聴さん   9月1日 | トップページ | 人生を楽しむ  9月18日 »

覚悟  9月16日

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「夢をあきらめない」

「失敗を糧にする」

「まずは、私がやる」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■「夢をあきらめない」

今、ニートやフリーターが増えている要因のひとつに、

「大人達が明るい顔をして働いていないから」という

理由が上げられています。

「大人になって、働いたって楽しくないじゃないか。」

と、子供達の心にインプットされてしまうそうです。

それは、大人の責任です。残念なことです。

夢をあきらめない大人の姿勢が、

子供達に夢を持つ楽しさを植え付けます。

ぜひ、子供達に「働くことの真剣さと楽しさ」を感じ

させる親でありたいですね。

■「失敗を糧にする」

先日、読んだ望月先生の本にこう書いてありました。

:::

失敗を人生の宝にする10のヒント:::

①挫折はスタートライン

②失敗は誇り

③苦い経験は最良の教師

④大きな壁は問い

⑤試行錯誤は道しるべ

⑥ピンチはチャンス

⑦クレームはハッピーコール

⑧報われないのはエール

⑨悩みは出会いのはじまり

⑩逆境は光

幸運のヒントは『不運』の中にあります。

要は発想の転換です。思いかえです。

挫折は、あなたが『挑戦者』である証です。

「失敗から立ち直る力」が次の成功を連れてくる。

そう気づけば、心新たに進むだけです。

■「まずは、私がやる」

iモード」の生みの親、松永真理さんは、

雑誌「とらばーゆ」編集長を経て、企業の取締役へ

とキャリアアップしていった経歴の持ち主ですが、

仕事の停滞期が続いていた30歳前後の頃、

「良い波をつかみたいなら人任せの人生を歩んで

いちゃダメ、自分で自分に責任を持たないと、

どうにもならない」

と、はっきり意識したと言います。

その後は覚悟を決めて仕事に取り組み、それまで

拒んでいた管理職研修を受け、地道な努力を積んで

いったそうです。

そのように意識を変えたからこそ、新しい展開が

開けていったのでしょう。

「まずは私がやる」

力強い言葉です。

挨拶でも、声掛けでも、まずは私がやる。

この決意が、きっと社内に良い波をおこすに違い

ありません。

|

« 瀬戸内寂聴さん   9月1日 | トップページ | 人生を楽しむ  9月18日 »

コーチング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 瀬戸内寂聴さん   9月1日 | トップページ | 人生を楽しむ  9月18日 »